スポンサーリンク

MEO対策(Googleビジネスプロフィール)は自分(店舗側)で登録・入力・更新管理はできるのか?

MEO(GBP)関連情報

MEO対策優良企業がなかなか探せない。そんな方からは「MEO対策は自分でできるか?」という相談を良くお受けします。

結論から言えば、Googleビジネスプロフィールはお店のオーナーさんが自分で情報の入力や更新したり、投稿機能を使って日々オトクな情報の発信、口コミへの返信対応などをGoogleビジネスプロフィールの公式サイトから行うことができます。

つまり、MEO対策は自分で行うことが可能です。

先ずは自分の手と頭を動かし体感してみることが大切

しかし、よく飲食店オーナーや経営者の方々から

「MEO対策やビジネスプロフィールの対応や管理は自分(店舗側)でできますか?」

と相談されますが、決まってこう返すようにしています。

”先ずはできるところまで自分の手を動かしてやってみて下さい”

ご自身で手を動かしてみると、人によっては意外に簡単にでたり、一方で初回の登録はできたが、更新がムリ、、、などと自身の体験を以て何ができて何ができないかを理解することができます。

Googleビジネスプロフィールの簡単な仕組みや運用面での課題を把握することで、対策に必要な作業や頻度、工数、それに見合ったコスト感覚を体感できるのです。

実際やってみるとわかりますが、正直な話、MEO対策や集客に効果があるレベルまでやりきろうと思ったらほぼ専属でスタッフを充てたとしても相当大変な作業です。

特に投稿への返信対応や改ざん防止については不定期な作業となるため作業量やシフトが読めません。

つまり、お店を経営しながら営業時間やメニューの情報更新を行うのは容易ではありません。

どちらかと言えば、そこに時間を割くなら本業となる料理やメニューの改善、QSCを向上させるための施策、スタッフとのコミュニケーションに時間と労力を投下するようにアドバイスしています。

何を優先すべきかを良く考えることが重要

また、営業時間の変更や口コミへの対応なども放置してしまうとお店の信用失墜にも直結する恐れがあります。

今はアフターコロナでどこの飲食店も人手不足が超深刻。フロアや調理、ホール以外の仕事をスタッフ

にさせる余裕はどこの店舗にもありません。。。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-4.png
Googleビジネスプロフィール内にユーザーから書き込まれる口コミをそのまま放置しておくと第三者から見てもお店の信用も。。

つまり、MEO対策を自分で行うこと自体は可能ではありますが、重要なのはビジネス情報の更新や口コミ登校への返信対応などを放置しない、させないための体制や環境をオーナー自身が早期に整備構築しておくことが何よりも肝要です。

その環境整備の1つと