分析項目・評価指標

MEO対策優良企業比較.comでは主に以下6項目で各社のサービス内容の比較分析を行っています.

MEO(エムイーオー)対策(会社)企業の乱立によって、選定を行う際はその企業の実績を図る指標は重要性を増しています。

Googleビジネスピロフィールはその店の第一印象を決める重要な情報となります。誤植やクレームによるトラブル発生があれば店の評判にも直結してしまいます。そういった観点から、

・MEOを始め飲食業界内におけるその企業が提供しているサービスの導入店舗数やマーケットシェア(市場シェア)

・提供企業における同分野(MEO対策サービス)事業展開年数(継続性・持続性)

などの観点で、どのくらいの施設数に導入されており、長期的に見て安定稼働を続けられているかを評価指標として調査分析しています。

信頼性

昨今MEO対策支援Googleビジネスプロフィールの情報入力及び更新やGoogleMap表示結果最適化といった標準的な対策のみならず、口コミ返信、クーポン情報の提供やSNS一括配信、ウェブ予約との連携機能など販促集客領域に至る幅広い機能を兼ね備えています。それだけにその店舗やMEO対策支援企業が取り扱うデータ量や種類は多岐に渡ることが想定されており、一方で国内においても世界基準に合わせ個人情報取り扱いに関しては大変厳しいレギュレーションや法規制が整備されつつあります。そういった社会背景からも、データ取り扱いに関してはセ高いキュリティレベルが求められており、システムを事故なく安定稼働させていくためにはサーバー容量、メンテナンス、セキュリティ対策などの運用維持コストが一定規模以上必須となりシステム面への投資を欠かすことはできません。

よって今回は信頼性を図る指標としてそれらのセキュリティ対策システムインフラへの投資規模を推し量る上で

・資本金/企業規模

・グループ企業/提携企業群

・セキュリティ堅牢性

短期での成長率も大切ですが業界での事業継続年数はその企業の信用度や安定感を諮る上で重要視されるべき指標となります。

主なを評価基準として加味しています。

機能性(サービス内容)

直近のGoogleビジネスプロフィール対策、MEO対策に求められる機能は多岐に渡っています。Googleビジネスプロフィールの情報更新のみならず、更新した情報の国内主要各エンジンとの自動連携、口コミ返信、ビジネス情報改ざんアラート、SNS連携一括配信、ウェブ予約、公式ホームページとの自動連携など会社、サービスによってその充実度は1つの重要な選定基準となります。

飲食店においては業界課題としてコロナ禍の人員削減によって慢性的な人手不足が続いており、アフターコロナの店舗運営は厳しさを増しています。

それだけに支援サービス領域が広ければ広いほどその価値は高くなっています。

ここでは主に

・機能充実度(基本機能以外での幅、順番待ち以外での販促やCRMなど他分野カバー領域)

・連携機能/拡張性(他システム連携)

・バックヤードで使われているプログラムの質(MEO対策では世界的なサイテーション最適化システムである”Yext”のシステムを採用しているかどうかが大きな評価ポイントとなります)

を主な機能面での充実度、品質を図る指標として分析評価しています。

機能は多いだけではなく必要とされる機能が満たされていかを重要視しています。

コストパフォーマンス

国内のMEO対策市場では1日数百円で支援してくれるものからGoogleMapでの順位に応じた成果報酬、有償で一定額のコストは発生するものの、Googleビジネスプロフィールの情報更新といった基本機能以外にも店舗での対応に工数の発生している口コミの返信やSNS連携一括情報配信、クーポン連携、予約対応など付加価値の高いサービスレベル、品質に価値提供の優先度を置くことで、飲食店にとって必要となる機能アップデート、柔軟な保守サポート体制の構築提供などがパッケージとなっているものまで様々あります。

ここでは主に初期費用とランニング費用を公開ベース基準で比較し、同時にオションや保守サポートコストも踏まえたあくまでも価格だけに囚わ