スポンサーリンク

サイテーションとは?MEO上位表示へ与える影響度は?

MEO(GBP)関連情報

サイテーション(英語:citation)を直訳すると「引用」や「言及」の意味をもつ言葉です。 サイテーションは被リンクのように自社サイトのURLが貼られる必要はなく、企業名やサイト名などを言及されるだけで良い(話題となっており知名度のある情報またはサイトである)という考え方となりMEO上位表示への影響度も高くなる傾向にあります。

Googleはウェブ上の情報を常時収集しており、

ウェブ上での「知名度(ビジネス情報がウェブ上でどれだけ話題となったり、拡散され、取り上げられいるかで評価していると言われています)」はMEOだけでなく、SEOにも好影響を与えると言われています。

具体的には「企業名やサイト名、店舗名、ブランド名などがGoogleだけでなく、他サイトへ掲載されていたり、SNSでも拡散され話題となっている状態」のことを指します。

それら各媒体に掲載されている「(NAP)情報の統一性」

も同時にMEO上位表示の判断基準(アルゴリズム)の1つとなっています。

ユーザーにとって価値のある情報をどの媒体においても正しく伝えられていることをGoogleは情報発信者や企業、ブランド、店舗運営者に望んでおり、結果として企業としてもそれらの(MEO)対策を講じることがMEOでの評価を上げ、同時にユーザーや消費者からの支持を得ることにも繋がるのです。

つまり、サイテーションの高い店舗や企業、ブランドの情報(Googleビジネスプロフィール)はGoogleに高く評価される傾向にあり、ユーザーにとっても価値ある情報を企業側が発信できる環境が構築されていくことになります(Googleさんはやはり賢いですね。自然とそうなる仕組みを構築されてていらっしゃる)。

サイテーションを強化するには?

サイテーションの評価を高めるには以下のような対策が必要であると言われています。

1,自社のビジネス情報を各媒体(特に国内外でよく使われている主要サイト)に掲載しユーザーとの接点(面)を増やす(手作業ではとても大変ですね)。

2,各媒体に登録されているビジネス情報のNAP(※住所、電話番号、店舗概要等の基本情報)を統一することでユーザーの誤認防止やユーザビリティを高める(これも手作業だと膨大な作業量)。

3,Twitterやfacebook、InstagramなどSNSにて情報発信を行うことで、ユーザーや消費者からも話題にされやすくなる(拡散されやすい環境を作り出す)。

これらの作業を手動で行うことはかなり大変ではありますが、実は専用プログラムを活用して一括して対策を簡便に行うことができます(3のSNS一括配信については別の専門サービスを使うことも多い)。

例えばこのようなツールを活用することで各SNS媒体からの一括配信拡散が可能になる

SNSの投稿がGoogleに自動連携!【SNS Direct】

それらの膨大な作業の自動化を実現したのが別の記事でも紹介した”Yext”であり、今回MEO優良対策会社総合ランキングベスト5に選出された企業も一部で採用している世界的に優れたシステムとなります。

どの媒体においても同じ情報が発信されている状態となっていることがMEOにとっても重要な要素となります。