【2024最新版】飲食店特化型MEO比較│Googleビジネスプロフィール対策優良企業総合ランキングベスト3

※クライアント業界経験者が客観的に選定したMEO対策優良企業(会社・代理店)ベスト3は目次から【MEO対策優良企業(会社/代理店)ランキングベスト3】からショートカットできます(忙しい方向け)。

最近良く耳にする「GBPとGMB」とは?

突然ですが、外出先で飲食店や行きたい場所・会社などを探すとき、目的地までの経路をどのように探しますか?

大半の人はモバイル端末(Googleの検索窓)にお店の名前や会社名、目的(焼肉、寿司、カフェなど)を入力して検索する思います。

そんな時、Googleの検索結果の一番上に必ずと言って良いほど表示される「あるもの」を皆さんはご存知でしょうか。

お店や会社の概要、お店(目的地)までの経路(ルート)、電話番号など必要な情報が端的にギュッと詰まったサイト(?)を見かけたことがある方も多いと思います。

Googleビジネスプロフィールマネジャーサイトより画像参照

それが今回ご紹介する「Googleビジネスプロフィール(GBP)」です。

以前はGoogleマイビジネス(GMB)という名称で呼ばれていました。

ユーザーはもちろん、お店を経営するオーナーさんにとってもスマフォやSNSが情報収集の主流となっている今、もはや無視できない存在です。

お店にとってGoogleビジネスプロフィールがなぜ重要なのか?

Googleで「お店の名前」や「会社名」、「目的(焼肉・寿司・カフェなど)」を検索した際に、検索結果上ではGooglビジネスプロフィールがお店の公式サイトよりも上に表示されるため、ユーザーはGoogleビジネスプロフィールの情報だけを見て、お店に関する意思決定を行うことも多いのです。

もしそこに正しい情報が掲載されていなかったら、、、お客様に間違った情報を提供してしまうリスクが生じます。

営業時間の情報が間違っていれば、お客様がせっかく足を運んだのに空いていなかった!なんてトラブルも。

そんな残念体験をしたユーザーは、いい加減な情報を発信しているお店だと誤解してしまい、二度と足を運ばないでしょう。

逆に常に正しい情報は勿論、時には魅力的でお得な情報が掲載されていれば、それがユーザーの行動変容を促すきっかけになるかもしれません。

それだけGBPに表示される情報はお店や会社にとっては重要な役割と影響力を担っています。つまりGoogle検索結果の”特等席”といわれるGBP(Googleビジネスプロフィール)の情報がお店や会社にとって重要というわけです。