スポンサーリンク

MEO上位表示アルゴリズムについて概要を3分でまるっと解説

MEO(GBP)関連情報

MEO対策Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)の概要だけ把握できれば更に専門的なMEOのアルゴリズムや仕組みについての知識や情報量までは求めていない(端的に概要が理解できれば良い)というビジネスマンや店舗オーナーのほうが実は多いのではないだろうか。そういったニーズにお応えし、実務には影響しないであろうマニアックで小難しい部分は端折り、短時間でMEO上位表示に重要なアルゴリズムが何か(どこを留意しておけば良いかだけ)を要約してお届けできればと思います。

ローカルパックとは?

先ず、GoogleMapで「新宿 焼肉」または、新宿にいるユーザーがモバイル端末で「焼肉」と検索すると検索結果の上部にはそのエリア周辺にある焼肉店(のGoogleビジネスプロフィール情報)が地図情報と共にズラッと表示されます。

GoogleMapのSEO版がつまり「MEO」。地図上での上位表示を図るサービス

しかし、通常のGoogleの検索結果ではローカルパックといわれる上位3位までのビジネス情報が表示され、4位以下のビジネス情報はユーザーが「更に表示」ボタンをクリックする事で展開表示される仕組みとなっています。つまりローカルSEOでは3位までに表示されるか4位以降となるかで効果には大きな差が生まれることとなります。

上位にはローカルパックがデフォルト表示され、それ以下はクリックすることで表示されます。

MEOで上位表示させるには?

GoogleMap(ローカルSEO)の順位表示アルゴリズムにはいくつかの要素があります。

1つは検索した場所(モバイル端末)からの(距離の)近さですが、それだけではありません。

GoogleMapに掲載されるGoogleビジネスプロフィールの情報が正しい表示となっているか。

Instagramやfacebookなど利用者数の多い主要プラットフォームでもビジネス情報があがっているか(話題にされて